カイロプラクティックの坐骨神経痛への効果

カイロプラクティックの坐骨神経痛への効果

カイロプラクティックの坐骨神経痛への効果について

坐骨神経は、お尻から太ももの後ろ側を通って、膝付近で脛と脹脛に別れて足の甲と裏に続いている末梢神経の中で最も太くて長い神経です。

 

この神経の障害によって起こる痛み、痺れ、麻痺などの症状をまとめて坐骨神経痛と読んでいるのです。

 

人によっては、1mもあるという坐骨神経に障害が起こると、神経の走りに沿って広い範囲で痛みが生じます。

 

坐骨神経痛の原因

下肢の広い範囲で痛みを起こす原因は、どのようなものが考えられるのでしょうか?

  • 脊椎疾患・・・椎間板ヘルニア、脊椎間狭窄症、腰椎すべり症など
  • 骨盤の歪み
  • 筋肉疾患・・・梨状筋症候群など
  • 腫瘍・・・・・直腸がん、膀胱がん、腰椎腫瘍など

「腫瘍が原因でしびれが生じている場合」は、カイロプラクティックの適応外となり、どうすることも出来ませんので、病院にお任せするしかありません。

 

腫瘍以外の「脊椎疾患」「骨盤の歪み」「筋肉疾患」が原因である坐骨神経痛は、カイロプラクティックの施術によって、十分な改善効果が望めます。

 

カイロプラクティックの施術

坐骨神経痛は老化だから仕方ないと痛みをそのまま我慢して放置すると、最悪の場合歩行困難から杖や車いすの助けが必要になってしまいます。

 

仕方がないのではなく、原因を見極めて適切な施術を受ければ、年齢に関係なく改善が見込めます。

 

痛みをかばって歩いていると、その他の部分にも痛みやしびれは広がってきます。

 

早めの対処で予防することで避けられます。

 

カイロプラクティックでは、原因となっている腰の骨の動き・骨盤の動きをチェックして問題のある部分の矯正を行います。

 

その後、問題の筋肉を特定して緩める施術をしていきます。

 

これらによって、痛み・痺れの原因を根本から取り除くことを目指しています。

スポンサーリンク