カイロプラクティックの施術前にレントゲンを撮る

カイロプラクティックの施術前にレントゲンを撮る

カイロプラクティックの施術前にレントゲンを撮る

カイロプラクティックにはレントゲンが必要

カイロプラクティックは整体のような手による施術が中心となります。しかし、カイロプラクティックはただ単に施術を行うのではなく、施術前のレントゲンも重要になります。

 

施術前には触診をして不調な箇所を見極めますが、レントゲンによって目でも確認する必要があるのです。やはり、身体の内部は触れただけでは完璧には分からないものなのです。

 

そのため、アメリカのカイロプラクターは施術だけでなく、レントゲンを撮ることもできます。

 

日本ではレントゲンが撮れない?

カイロプラクティックにはレントゲンが重要ではあるものの、日本ではレントゲンを撮れません。

 

というのも、日本ではカイロプラクティックは法律で制限されたものではありません。そのため、資格がなくても施術できるのです。また、その関係でレントゲンを撮影する資格も持ちません。アメリカと同様にはいかないのです。

 

そのため、日本ではレントゲン無しで施術をするという施設もあるようです。

 

レントゲンを必要とする施設へ

では、日本ではカイロプラクティックを受けない方が良いのかというとそうではありません。

 

たとえ、カイロプラクター自身がレントゲンを撮影できなくても、放射線科と提携して事前にレントゲンを撮影し、そのレントゲンを元に施術を行うという施設もあります。

 

レントゲンがあれば、目でも確認ができるので安全性が増します。

 

このように、工夫をすることでアメリカに近い環境でカイロプラクティックを行う施設もあるのです。

 

もし、カイロプラクティックを受ける場合には、効果が高いかという情報も大切ですが、事前のレントゲン撮影を必要とするかというところも重視した方がよいでしょう。

スポンサーリンク