カイロプラクティックにおいて重要なアジャスト

カイロプラクティックにおいて重要なアジャスト

カイロプラクティックにおいて重要なアジャスト

施術中は骨が鳴る

カイロプラクティックのイメージとして多くの人が持っているのは、施術中に音が鳴るということでしょう。それに対して恐怖心を抱いているという人もいるかもしれません。

 

しかし、この音はカイロプラクティックにおける特殊な施術方法によって鳴るものであり、音が鳴ったからと言って悪いことではありませんし、痛みを感じることもほとんどありません。

 

では、どのような理由から音が鳴るのでしょうか。

 

アジャストによる音が原因

カイロプラクティックの施術中に音が鳴るのは、アジャストという施術方法が原因です。アジャストとは、調整という意味をもつアジャストメントという言葉からきています。

 

言葉通り、背骨に圧をかけて調整することを目的とした施術です。

 

背骨は小さな骨がいくつも連なってできています。つまり、多くの関節から成っている状態です。ここにアジャストを行うことで、関節が大きく動きます。この時に音が鳴るのです。

 

アジャストによって機能を回復する

カイロプラクティックの施術中に鳴る音の原因はアジャストということは分かりました。しかし、アジャストはどのような効果を生むのでしょうか。

 

アジャストを行うと背骨の関節が大きく動きます。これによって、今までは動きにくかった部分も動きやすくなります。

 

背骨には様々な神経が通っており、これらの神経は全身を司っているものです。背骨の動きが鈍ると、神経もうまく機能しなくなります。しかし、アジャストによって動きが回復されることで、神経の機能も回復し、身体全体の機能も回復していくのです。身体の不調は背骨からと言っても過言ではないのです。

 

カイロプラクティックにおいて、アジャストは非常に重要な施術方法だと言えます。

スポンサーリンク