カイロプラクティックと脳梗塞・脳卒中

カイロプラクティックと脳梗塞・脳卒中

カイロプラクティックと脳梗塞・脳卒中

カイロプラクティックは危険?

日本でもよく目にするカイロプラクティック。ただ、実際に受けたことがある人は多くないため、どのようなものかを知らないという人もいるでしょう。

 

また、ネット上などではカイロプラクティックは危険だという話題が上がっており、危険性が高いものとして認知されている部分もあります。

 

では、実際にカイロプラクティックにはどのような危険性が潜んでいるのでしょうか。

 

施術後に脳梗塞になった事例

カイロプラクティックの危険性は、施術後に現れます。施術後に身体が痛くなるということがあるのです。

 

また、場合によっては骨折、さらにアメリカでは脳梗塞によって死亡事故も起きています。

 

このようなことが起きているのはなぜか。それは、専門知識を持っていない人が施術をしている場合があるからです。

 

カイロプラクティックは身体に力を加えて矯正を行っていく施術です。しかし、知識を持っていない人が施術をすると、力加減を間違えて怪我を負わせてしまったり、血管を損傷させて脳梗塞を引き起こしたりするのです。

 

脳梗塞や脳卒中の後遺症への効果

カイロプラクティックによって脳梗塞が起きるという事例もありますが、本来はそのような危険性はないものです。むしろ、脳梗塞や脳卒中の後遺症に効果を発揮することもある施術です。

 

脳梗塞や脳卒中が起きると、後遺症として手足が麻痺することがあります。カイロプラクティックでは、神経を刺激することができるので、手足の麻痺も取り除くことができるのです。

 

カイロプラクティックはこのように効果の高いものです。しかし、一部の悪質なカイロプラクターによって、カイロプラクティックの評判は落ちているのが現状です。

 

カイロプラクティックはきちんとした人に頼めば、危険性はない上に効果も高いということを知っておいてください。

スポンサーリンク