カイロプラクティックのぎっくり腰への効果

カイロプラクティックのぎっくり腰への効果

カイロプラクティックのぎっくり腰への効果について

日本の国民病とも言われる腰痛は、いろいろな原因で引き起こされますが、その多くは骨の歪みやずれによるものです。

 

背骨は骨盤から頭まで真っ直ぐに伸びていると普通に考えますが、腰痛を抱える人の多くが歪みを持っています。

 

腰痛で良く耳にする症状に「ぎっくり腰」があります。

 

急に重いものを持ち上げようとした時、急激な腰の動きの時ばかりでは無く、ぎっくり腰は日常の何でも無い動きでも発症します。

 

ぎっくり腰の前兆と椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとぎっくり腰を混同する人がいますが、これらは同じではありません。

 

ぎっくり腰の原因として椎間板ヘルニアがあげられても、椎間板ヘルニアがあるからぎっくり腰になるのではないのです。

 

ヘルニアになる体の歪みがあっても、疲労の回復力が高い人はぎっくり腰になり難く、ヘルニアがなくても筋肉が堅くて疲労が抜けない人はぎっくり腰になりやすいと言われます。

 

ぎっくり腰は突然起こっりますが、軽い腰痛だと思っていたのが、急にひどい痛みが襲ってくることが多くあります。

 

ぎっくり腰になる前兆はあったのです。

 

疲れると腰が痛い、重くなるなどの症状があったら骨盤や背骨の歪みを考えて早期に対応する必要があるでしょう。

 

急性腰痛の効果的対処法

腰痛には急性腰痛と慢性腰痛があります。

 

急性腰痛は、私達が「ぎっくり腰」と読んでいる腰痛です。

 

急性腰痛が起こった時には、最初に、筋肉の炎症を抑える為に冷やしながら腰に負担を掛けない横向きの体勢で寝て休みます。

 

「冷やして、休む」が非常に大事な事です。

 

急性の場合は温めずに、冷やした上でカイロプラクティックの施術などの適切な治療で早期回復に繋がります。

 

カイロプラクティックでは、腰のカーブと骨盤があるべき位置にあることが腰痛の根本的解決に繋がると考えています。

 

背骨の歪みや湾曲を矯正し、骨盤位置を調整することで、筋肉を緩め急な動きにも柔軟に対応出来るように促します。

 

お尻のポケットに財布や携帯を入れて座る、足を組んで椅子に座る、床に横座りする、これらはすべて骨盤の歪みに繋がります。

 

体の重心が片側に寄っていることはそのまま背骨の歪みにもつながります。

 

日常の生活習慣を見直すことも腰痛の予防と改善に繋がるのです。

スポンサーリンク