カイロプラクティック後に下痢になる

カイロプラクティック後に下痢になる

カイロプラクティック後に下痢になる

施術後に下痢が起きる

最近話題のカイロプラクティック。もしかすると、よく受けているという方もいるかもしれませんね。

 

そんなカイロプラクティックを受けた後で、身体に変化が表れるという人をよく見かけます。特に多いのは、下痢になってしまうという人です。

 

カイロプラクティックを受けた後は決まって下痢になってしまう。これは、どういう原因で起きているのでしょうか。

 

下痢は好転反応の1つ

整骨院やカイロプラクティックを行っている施設では、施術後の下痢は好転反応としています。

 

好転反応は、身体の状態が良くなる前に一度悪くなることです。好転反応は4種類に分けられますが、下痢は過敏反応に分類されます。

 

過敏反応は、身体の不調が慢性化している時に起きることが多く、一度下痢などが起きることで不調が回復していくのです。

 

ですので、施術後に下痢が起きても、それほど心配する必要はないとしています。

 

悪い状態と言われることも

整骨院などでは、施術後の下痢は心配ないとしていますが、それに反する意見も出ています。

 

カイロプラクティックは骨を矯正することで神経にも効果を与えるものです。そのため、自律神経にも影響を与え、精神的なダメージも軽減することができます。

 

下痢は、自律神経が強く関係している場合があるため、カイロプラクティックによって自律神経に強すぎる刺激が与えられることによって、下痢になると考えられます。
そのため、施術後の下痢は悪いことだと言われているのです。

 

しかし、自律神経への影響の強さは、人によって感じ方が変わります。同じ強さでも下痢になる人と下痢にならない人に分かれるでしょう。

 

そのため、施術後に下痢になったからといって、一概に刺激が強すぎたとは言い切れないのです。

スポンサーリンク