カイロプラクティックによるもみ返し

カイロプラクティックによるもみ返し

カイロプラクティックによるもみ返し

カイロプラクティックでももみ返しが起きる

マッサージや整体によく行く人であれば経験したことがあるかもしれないもみ返し。

 

もみ返しとは、マッサージなどを受けた個所の状態が良くなるのではなく、悪くなることです。

 

もみ返しでは主に筋肉が痛みます。マッサージによって筋繊維を傷つけてしまうことで、筋肉が痛み、それがもみ返しとなるのです。

 

カイロプラクティックでも身体に圧を掛けるため、筋繊維が傷つく可能性があります。そのため、カイロプラクティックでももみ返しが起きるのです。

 

もみ返しではなく好転反応?

しかし、カイロプラクティックの施術後に身体が痛む場合やだるい場合、全てがもみ返しというわけではありません。

 

もみ返し以外で考えられる原因としては、好転反応があります。

 

好転反応は、カイロプラクティックによって身体が良い状態になる際、一度悪い状態になってから良い状態に変化していくことです。

 

つまり、施術後の身体の痛みが好転反応である場合、それは良いことということになるのです。

 

見極めが必要

もみ返しと好転反応は似ていますが、全く別物です。そのため、うまく見極めて対処をしなければなりません。

 

見極めるポイントとして、痛みの長さがあります。

 

好転反応は、身体が良い状態に変化している時に起きるため、2,3日痛みが続きます。

 

それに対して、もみ返しは4日以上痛みが続くことがあります。1週間も痛みが続けば、確実にもみ返しと言えるでしょう。

 

もみ返しは時間が経てば治まってくものですが、場合によっては痛みが増幅してくこともあります。カイロプラクティックに関しては、信用できないカイロプラクターもいるため、そのような場合は一度病院に行って診察をしてもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク