カイロプラクティックの施術後にだるい場合

カイロプラクティックの施術後にだるい場合

カイロプラクティックの施術後にだるい場合

カイロプラクティックの後にだるくなる

カイロプラクティックは様々な面で話題になっています。というのも、効果があるということで話題にもなっていますが、危険ということでも話題になっているのです。

 

そこで調べてみると、カイロプラクティックを受けた後に体がだるくなるという人がいます。また、実際にカイロプラクティックを受けて、同じ状態になったという人もいるかもしれませんね。

 

では、カイロプラクティックの施術後に体がだるくなる原因はなんなのでしょうか。

 

揉み返しの場合

カイロプラクティックを受けた後に体がだるくなる原因としてまず考えられるのが、揉み返しです。

 

マッサージや整体などでも起こることですが、施術中は心地よくても、施術後に体が痛くなることがあります。これは体に圧を掛けるカイロプラクティックでも起こりうることです。

 

揉み返しの場合、日が経つにつれて痛みが増していくことがあります。もしこのようになった場合は、別の病院に行くなどして、診察をしてもらった方が良いでしょう。

 

好転反応の場合

カイロプラクティックの施術後に体がだるくなる現象は、なにも悪い時ばかりではありません。

 

それは揉み返しではなく、好転反応かもしれないのです。

 

好転反応とは、体が良い状態に変化する際に起きるもの。カイロプラクティックによって不調であった部分が改善され、良い状態に体が変化していきます。その時に、体がだるいと感じてしまうのです。

 

この好転反応と揉み返しはどのように見分ければ良いのでしょうか。

 

好転反応の場合、だるい状態はそれほど長く続きません。身体の変化が終わればだるさも改善されます。

 

カイロプラクティックの施術後にだるいと感じる場合は、数日様子を見たうえで、状態を確認してから病院に行くなどしましょう。

スポンサーリンク