カイロプラクティックと鍼灸の違い

カイロプラクティックと鍼灸の違い

カイロプラクティックと鍼灸の違いについて

カイロプラクティックは手法によって、骨の歪みやズレを矯正して痛みの根本的原因から改善します。

 

ご存知の通り、鍼灸とは鍼を直接痛みのある部位に打って比較的早い時間で痛みの回復に導きます。

 

鍼灸は、東洋で発達し、日本でも痛みに対して即効性のある代替療法として古くから利用されてきました。

 

カイロプラクティックは、アメリカで発展してきた手法になります。

 

日本でのカイロプラクティックは、資格も必要なく法令化もされていないのですが、鍼灸は国家資格になり、WHOでも痛みに直接働きかける代替医療として認められています。

 

西洋医学と東洋医学

「カイロプラクティック」は、患者の症状の原因を生理学や解剖学、姿勢の力学などから、原因を導き出し手法によって身体全体の症状を取り除いていきます。

 

原因が大事であり、症状は原因を突き止める手段になります。

 

「鍼灸」は、鎮痛効果に優れており、痛みの発生ポイントへの直接的なアプローチで、痛みを和らげることが出来ます。

 

西洋医学と東洋医学の意味合いがわからない場合は、西洋医薬と漢方薬との違いと考えればわかりやすいかもしれません。

 

異なる施術内容と扱う症状

例えば、「腰が痛い」症状がある場合、日本やアジア諸国では「鍼」の治療を受けるのが一般的になっています。

 

先に書いたように鍼には鎮痛効果が即効性で発揮されますから、その場で痛みの解消に繋がります。

 

それに対して「カイロプラクティック」は、腰が痛いのは、背骨の歪みと骨盤のズレから来ていると原因を突き止めてから、腰の施術では無く、背骨や骨盤の矯正に入ります。

 

この痛みの原因を探りだして解消していくことで、本来の自然治癒力を取り戻すことになるのです。

 

「鍼灸」は、痛みへの対処法になりますから、「なぜ痛くなったのか」「また、再発するかもしれない」と繰り返すことになります。

 

根本的な解決がなされていない為に慢性的な症状になってしまう可能性が有るのです。

 

早く痛みを解決したい場合は「鍼灸」を利用して、慢性化が心配な時はカイロプラクティックを利用するなどの使い分けも、良い選択になるでしょう。

スポンサーリンク