カイロプラクティックと整形外科の違い

カイロプラクティックと整形外科の違い

カイロプラクティックと整形外科の違いについて

私達は「カイロプラクティック」と「整形外科」がまったく異なることは、改めて言わずとも分かっていることでしょう。

 

「カイロプラクティック」は国家資格もなく法令化もされていない民間医療と言われています。

 

「整形外科」は、整形外科医として医師免許を保持していなければ出来ない医療行為になります。

 

レントゲン撮影や麻酔、注射、内視鏡、外科手術と形態的な異常に対して治療することが出来ます。

 

機能的疾患と器質的疾患

「整形外科」は、骨格の形態的異常を矯正する目的を持っており、麻酔や消毒、抗生物質の進歩と外傷に対する外科理論と技術の導入で確率されてきました。

 

部分的な異常による疾患や手術が必要になる症状に特に優れているのが整形外科になります。

 

形態的異常で自然には元に戻らない疾患を「器質的疾患」と呼びます。

 

形態的異常がないのに、正常に機能しない疾患を「機能的疾患」と呼びますが、「カイロプラクティック」は機能的な異常に対して矯正して健康に導いていきます。

 

異常を見分ける検査の違い

整形外科では、患者の訴える痛みや異常な状態に対して、レントゲン検査や血液検査、CT検査にMRI検査と多くの先端技術と医療機器によって、その異常を見極めていきます。

 

その検査の結果「異常がありません」と診断されることが多くあります。

 

病院では、その検査に異常がない場合には、すぐに対処する必要のない状態であると判断するのです。

 

しかし、患者が不調を訴えて痛みや重たい感じがあるのは、苦痛になるものです。

 

カイロプラクティックでは、レントゲンなど医療行為に当たる検査診断は出来ませんが、患者の苦痛の原因を、患者の話を聞くこと、眼で見ること、手で触ることで検査診断していきます。

 

その結果、背骨や骨盤の歪み、ズレによって起こる痛みであると判断して、痛みを取るのではなく原因になっている歪みやズレを矯正することで、自然に痛みも緩和されることになるのです。

 

ある話によれば「カイロプラクティック」と「整形外科」は敵対関係にあると書かれていました。

 

お互いの良い点を認め合い、補い合うことで良い関係を築くことが出来ると考えるのですが、いかがでしょうか?

スポンサーリンク