産後のカイロプラクティック

産後のカイロプラクティック

産後のカイロプラクティックについて

妊娠中のカイロプラクティックはお母さんにも赤ちゃんにも、また出産にも効果的だといいます。

 

妊娠中に背骨の歪みや骨盤の矯正をして健康的な生活を送り、元気な赤ちゃんを出産したお母さんは、産後に赤ちゃんの世話をしながらもたくさんの悩みを抱えています。

 

健康的な毎日を送るお手伝いがカイロプラクティックには出来ます。

 

産後にも利用したいカイロプラクティック

出産時、赤ちゃんが産道を通れるように広げる為のホルモン(リラキシン)の影響で骨盤周りの靭帯は緩み、骨盤は広がった状態になります。

 

広がった骨盤は自然に戻ってくれればいいのですが、自然には戻ってくれません。

 

元に戻らないまま歪みが定着してしまうと下半身の血行不良を招き、むくみや冷えの原因に繋がることもあります。

 

カイロプラクティックでは、産後の骨盤矯正はいつごろから行えばいいのでしょうか?

 

自然分娩の場合は出産直後から施術出来ます。

 

また、帝王切開の場合は、2週間程度の様子見してからの施術がお勧めです。

 

骨盤矯正だけでなく「産後の困った」を、カイロプラクティックに相談してみると悩み解決になるかもしれません。

 

産後のお母さんを応援!

「腰痛がひどくなった」、「お尻が大きくなったみたい」、「おトイレが近くなった」、「太りやすくなった」、「イライラする」など産後のお母さんは、育児にも疲れ、肉体的にも精神的にも疲れています。

 

いろいろな悩みの原因は、妊娠中から出産によって骨盤が歪み、背骨の湾曲が起こり、筋肉が弱くなったり、腰部への負担などによって起こる症状になります。

 

また、出産によって広がった骨盤は、その周りの筋肉や神経にも影響を及ぼします。

 

これには、ホルモンバランスの変化も考えられ、トータルで矯正していくとすべて改善できる症状になります。

 

カイロプラクティックは、出産で頑張ったお母さんの疲労を取り除く手助けができます。

 

肉体的不調を改善できれば、精神的にも楽になってきます。

 

骨盤矯正、歪みやずれの矯正で血流も良くなり、不調が改善されて赤ちゃんの成長を楽しむ余裕が出来ることでしょう。

スポンサーリンク