カイロプラクティックの料金と医療費控除

カイロプラクティックの料金と医療費控除

カイロプラクティックの料金と医療費控除について

私達には納税の義務があり、年に一回の確定申告で収入と納付する税金の確定をします。

 

会社で働くサラリーマンは、個人に変わり会社が年末調整で納付金額を算出納付しています。

 

確定申告では、1年間に支払した医療費を合計して納税金額から控除できる制度があり、一般に「医療費控除」と言われます。

 

この申告には、支払いした費用が医療費に該当するかしないか知識として知っておくことは必要になります。

 

カイロプラクティックの施術を受けて、支払いした費用は医療費になるのでしょうか。

 

カイロプラクティックの料金

カイロプラクティックの施術を受ける時、気になるのが料金ではないでしょうか?

 

多くのところで、初回には初診検査、問診などの費用として施術以外に1500円〜3000円を必要としています。

 

施術費用は3500円〜5000円程度で、高額なところは7000円、8000円というところもあります。

 

高額だから良い施術をする訳でも無く、評判がよくないから安いとも言えないのがカイロプラクティックの施術料金ではないでしょうか。

 

場所によっては回数券や〇〇コース(腰痛改善コース、美容〇〇コースなど)などの料金体系を取っているところもあります。

 

院長と他の施術者で異なる高い料金を提示しているところもありますので、疑問のある時は通う前に説明を受けると良いでしょう。

 

確定申告で重要な医療費控除

日本では病院で診察や治療を受けた場合、かかった費用の一部を保険によって免除されます。そのため、安心して病院に通うことができます。

 

そしてもう一つ医療費控除というものもあります。これは確定申告の際に重要になるもので、病院で支払った金額によって、所得が控除されるというものです。

 

こういった制度も、安心して病院に通える一つの要因となっています。

 

カイロプラクティックは医療費控除を受けられる?

では、この医療費控除はカイロプラクティックでも受けられるのでしょうか。

 

カイロプラクティックは病院で行われるものではありませんが、健康に対する効果や、身体の痛みに対する効果を発揮します。

 

こういった部分では、医療とも取れるため、カイロプラクティックでも医療費控除が受けられそうです。

 

しかし、実際のところはカイロプラクティックでも医療費控除の対象となるのでしょうか。

 

高額な施術料金と医療費控除

医療費控除を受けるには、その支払いが医療費に該当しなければなりません。

 

医療費ということは、医療行為または治療薬にかかる費用であることです。

 

日本における医療行為は、国家資格を取得している医師等でなければなりません。

 

カイロプラクティックは、現在の日本では法制化されておらず、医療行為とみなされません。

 

医師の国家資格保持者でカイロプラクティックの施術をさせる方が日本に数名います。

 

この医師がカイロプラクティックの施術で治療した場合は、医療に該当すると考えられます。

 

カイロプラクティックの施術を受けて、症状が改善するまでに何十万円支払いしていても医療費控除を受けることは出来ません。

 

医療費控除に該当する場合は必ず領収書の提出が必要になりますから、無くさないようにしましょう。

スポンサーリンク

関連ページ

保険適用
賠償保険