カイロプラクティックの妊娠への効果

カイロプラクティックの妊娠への効果

カイロプラクティックの妊娠への効果について

妊娠中のカイロプラクティックの施術は、お腹の赤ちゃんに良くないのではと考える人もいるでしょうが、実はそうではありません。

 

妊娠したお母さんは、お腹の赤ちゃんが大きくなるにしたがって、体重も増加して腰や膝、背骨への負担が大変大きくなります。

 

また、ホルモンの分泌が盛んとなって筋肉や靭帯が緩んでしまい、母体にかかるストレスは一層大きくなります。

 

妊娠初期からのカイロプラクティック

現在では、お母さんだけでなく生まれてくる赤ちゃんの為に、安全に健康的な出産の為に、マタニティカイロプラクティックの施術を取り入れるところが多くなっています。

 

背骨や骨盤の矯正だけでなく、妊娠初期のお母さんが悩まされる「吐き気」の症状緩和にもカイロプラクティックの施術は有効な手段となっています。

 

お母さんとお腹の赤ちゃんに負担がかからないような施術台やクッション、お腹の大きさを心配する必要の無い体制で施術を受けることが出来るようになっています。

 

お腹が大きくなってくると、腰、骨盤、背中、首、お尻、膝、足首などの痛みや痺れ、下肢のむくみなどの症状が出てきます。

 

カイロプラクティックの施術は、痛みや痺れの改善だけでなく、分娩時間の短縮、帝王切開を防いで自然分娩へ促す効果も得られます。

 

妊娠中にカイロプラクティックを取り入れて、母子ともに健康的な妊娠生活を楽しみましょう。

 

 

健康的な妊娠出産の為に

骨盤の状態が不安定な時、骨盤から子宮に繋がる靭帯がねじれて、赤ちゃんが育つ子宮で理想的な位置を確保できなくなってしまいます。

 

施術によってこのねじれを整えることで、安全で健康な出産を可能にします。

 

妊娠中期以降は、お腹が大きくなり前にせり出し、運動不足による筋力低下や重心の変化も重なり、背骨のS字カーブに変化が出て、靭帯や筋肉にも負担がかかってきます。

 

下肢の静脈を圧迫してむくみやすくもなってきます。

 

カイロプラクティックの施術によって、腰痛、背中の張り、股関節の調整などを行った後に、左右下肢の筋肉バランス調整を行い、痛みを我慢しない健康的なマタニティライフを提供できます。

スポンサーリンク