カイロプラクティックの自律神経への効果

カイロプラクティックの自律神経への効果

カイロプラクティックの自律神経への効果について

自律神経とは何でしょうか?

 

簡単にいえば末梢神経の中で「無意識」に働く神経のことです。

 

走ろうと思って走るのは「運動神経」、暑いなあ〜寒いな〜と感じるのは「感覚神経」が意識的に働きます。

 

内臓の働きやホルモンのバランスは自分の意志で動かすことは出来ません。これが「自立神経」です。

 

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」のバランスによって成り立っており、どちらかの神経が過剰になることで引き起こされるバランスの乱れが「自律神経失調症」なのです。

 

自律神経失調症って?

身体的ストレスや精神的ストレスなどが原因で、自律神経のバランスが崩れ、様々な症状が身体にあらわれます。

 

「調べてもどこも悪くないと言われるけど、何となく調子が悪い状態」「不定愁訴」が続くと病院で自律神経失調症と診断されます。

 

症状としては、ひどい肩こり、冷え、微熱、頭痛、便秘、下痢、手足のしびれ、動悸、息切れ、めまい、疲労感、焦燥感、不眠など「パニック障害」や「起立性調節障害」も含まれます。

 

背骨と自律神経

カイロプラクティックは、自律神経失調症の症状改善にたいへん効果的にはたらきます。

 

「背骨」と「自立神経」には密接な関係があります。

 

交感神経は首の根元から腰の上あたりまで、副交感神経は脳神経から仙骨神経まで背骨に沿う形で派生しています。

 

背骨を直接調整するカイロプラクティックは、「背骨のズレ」を矯正して、「神経のバランス」を整えます。

 

カイロプラクティックで、自律神経失調症の原因を取り除くことが可能になるのです。

 

もちろん、施術だけでは不十分です。

 

ストレスの原因になっている問題を解決しなければ根本的解決はありません。

 

日常生活を見直し生活改善を行い、薬や心理療法で効果がなかったときには、カイロプラクティックを考えるのも自律神経への効果的な改善となるでしょう。

スポンサーリンク