カイロプラクティックの資格に必要な費用

カイロプラクティックの資格に必要な費用

カイロプラクティックの資格に必要な費用について

日本では、カイロプラクティックの施術に資格は必要ありません。

 

ある程度の知識と技術があれば、開業しようと思えば出来てしまいます。

 

国家資格でも、しっかりとした位置付けも法令化もないのに、人の体に直接触れて施術して良いのには矛盾も感じますが、海外では国家資格として医療行為も求められていますが、現在の日本ではこれが現実です。

 

さて、カイロプラクティックの知識と技術を身につける方法は、通信講座、通学講座、専門学校、海外の日本校、海外留学といろいろな勉強の仕方がありますが、どれぐらいの費用がかかるものなのか、調べてみましょう。

 

通信・通学講座の短期スクール

カイロプラクティックでは、通信講座を開講しているところは大変少ないようです。

 

実際に人に触れる技術になりますから、当然と言えば当然かもしれません。

 

1年以内で修了証を手にする短期スクールの授業料を見てみましょう。

 

(例です)

  • 通信講座2ヶ月(スクーリング別)・・・70,000円
  • 通信講座3ヶ月(スクーリング別)・・・132,000円
  • 通信講座スクーリング1回2時間・・・・20,000円
  • 通学短期スクール3ヶ月・・・・・・・40万円〜60万円(1年間39万円〜有り)
  • 通学短期スクール6ヶ月・・・・・・・70万円〜80万円

 

専門学校、海外大学日本校、海外大学留学(大学院)の場合

日本には、海外のカイロプラクティック大学の日本校がありますが、それ以外に厚生労働大臣認可のカイロプラクティック療法振興協同組合認定校「日本カイロプラクティックドクター専門学院」があります。

 

その授業料を含めて見ていきます。

 

(例です)

  • 専門学校2年(初年度130〜150万円)・・・・・・・・・・・・・合計200万円
  • 専門学校3年(初年度150〜180万円)・・・・・・・・・・・・・合計350万円
  • 海外大学日本校カイロプラクティック学部4年(初年度150万円)合計400〜800万円
  • 海外大学留学(大学院・修士課程2年、500万円)・・・・6年・・合計1000万円

海外のカイロプラクティック大学に入学するには、英語力も必要になります。

 

また、費用が格段に高額になるのは、医療行為とみなされる知識や技術も必要とするからです。

 

どれだけの費用と年数を掛けて学ぶかは、目標とする内容次第でしょうが、資格取得が修了証になるのか、海外大学の修士課程になるかは費用以上に大きな差となるのではないでしょうか。

スポンサーリンク