布団を販売するカイロプラクティックの危険性

布団を販売するカイロプラクティックの危険性

布団を販売するカイロプラクティックの危険性

カイロプラクティックで布団を勧められた

カイロプラクティックは施術によって怪我を負うといった危険性があると呼びかけられていることがあります。そのため、カイロプラクティックは危険なものだと思われています。

 

実際にはカイロプラクティック自体は危険性はありません。むしろそれ以外の部分に危険性が潜んでいるように感じます。

 

その危険性とは詐欺です。稀にカイロプラクティックに通っていると、身体に効果の高い布団を勧められる場合があります。そういった場合は高い確率で詐欺だと思ってよいでしょう。

 

布団を販売している施設は信用できない

カイロプラクティックにおいて、布団などの道具を販売することを「布団屋カイロ」と呼びます。

 

これは、カイロプラクティックの施術によって売り上げをあげるだけでなく、道具を販売することでも売り上げをあげているため、布団屋も兼ね備えているのではないかということを揶揄した言葉です。

 

この布団屋カイロは、一般的には信用できないとされています。なぜ信用できないのでしょうか。

 

信用できない理由と危険性

布団屋カイロを信用できない理由は、布団などの道具に頼っていることです。もちろん布団の中には、腰痛などに効果のある布団もあります。

 

もし、そういった布団を布団屋が販売しているのであれば、なにも問題ありません。しかし、それは布団屋が目指すものは、布団によって身体の不調を取り除くというものだからです。

 

それに対してカイロプラクティックは、施術によって身体の不調を取り除くことを目指すべきであり、布団を販売しなくても施術だけ行えば問題ないのです。

 

そこで考えられるのが、布団を販売するために、カイロプラクティックの知識を持たない人が施術を行っているということです。こうなると冒頭でも書いたように、施術中の怪我などが発生してしまいます。

 

こういった部分から、布団を販売するカイロプラクティックの施設は信用しない方が良いと言えるのです。

スポンサーリンク